習志野高校 商業科

15年度以降入学者の教育課程表(一週間に何時間授業があるかを表したもの)はこちら

本校商業科の特色

1 文武両道を基本に個人を重視し他校に比べて自主性を重んじている
2 最新のコンピュータ設備を利用して新しいコンピュータ技術を習得できる。
3 資格取得に力を入れており各種検定を必ず受検します。
4 普通科との併設校であるため、3年生時の選択科目が多く、好きな科目を選べる


中学生からの質問

1.商業科と普通科どこがどう違うの?

        普通科で勉強する科目を2、商業に関する専門科目を1の割合で勉強します。

        勉強する内容が違うだけで、あとは普通科と全く変わりません。

2.習高の商業科目ってどんな科目があるの? 
  また、どんなことを勉強するの?

    学校によって商業科の科目の設定が違いますが本校の商業に関する専門科目と内容は
   次の通りです。

ビジネス基礎

商品流通の仕組みや企業の経営のことあるいは身近な売買計算や英語による実践的なコミュニケーションなど商業科目の土台を勉強します。

簿  記 会社における取引の記録・計算・整理や、帳簿のつけかたを勉強します。
情報処理

コンピュータに関する基本的なことを勉強したり、プログラムを作ったり、実際にコンピュータを使ってソフトウエアの勉強などをします。

商業技術

電卓または、そろばんを使って、商業活動で必要な基礎的な計算方法、技術を勉強します。

総合実践 事務処理の合理化の意味やそのために必要な知識・技能について学習します。
課題研究 より高い検定の級取得を目指して習熟度別にクラスを分け簿記会計他、検定科目の勉強をします。
経済活動と法 商業活動に必要な規則や、法律を勉強します。
原価計算

物を作っている工場で商品が出来上がるまでのお金の出し入れ・記録・計算・整理等製造工場における簿記を勉強します。

文書デザイン

主にワープロの検定に合格することを目的として、文字の入力から、ビジネス文書の作成まで、コンピュータを使って勉強します。

   ※ 平成15年度の1年生から商業科の科目が改訂されています。(文部科学省:高等学校学習指導要領解説商業編より抜粋)

3.商業科へ入学したらどんな資格がとれるのですか?

  本校では、次のような資格取得に力を入れています。    

全国商業高等学校協会主催簿記検定 1級 2級 3級
全国商業高等学校協会主催情報処理検定 2級 3級
全国商業高等学校協会主催ワープロ検定 1級 2級 3級
   他にも検定試験はたくさんあります。希望者は、どんな資格でも受検できます。

    商業高校の検定科目について詳しく知りたい方は(全国商業高等学校協会)のページをご覧下さい。

資格取得による推薦入試の例

 資格取得に向けてかなりの勉強をしなければなりませんが、それは結果的に進学という道につながっていきます。おおよそ次のような大学で商業関連資格を推薦の条件としています。

 ・高千穂大学商学部、経営学部

 ・立正大学経済学部、経営学部

 ・城西大学経済学部

 ・明治大学商学部

 ・法政大学経済学部、経営学部、キャリアデザイン学部などです。


4.商業科の生徒は卒業後どういう進路に進むのですか?


       過去3年間の卒業生進路状況
  
    
指定校推薦枠(普通科 商業科共通)

                                                                                                           第1コンピュータールーム(画像)

本校のコンピュータールームは2教室あります。ディスプレーはすべて目に優しい日立のスーパーTFTを使用しており長時間の作業でも目が疲れません。また、習志野市のCATVの通信回線を利用して、すべてのコンピューターからインターネット接続ができます。








目次へ戻る